Home > 活動実績と参加者の声 > 活動実績と参加者の声

活動実績と参加者の声

 


■活動実績

2007年から計9回のツアーを実施し、国内14都市(大村市、熊本市、荒尾市、大牟田市、広島市、益田市、吹田市、宇陀市、豊田市、上田市、多摩市、我孫子市、取手市、水戸市)の協力を得て、38カ国(アメリカ、カナダ、メキシコ、ベネズエラ、ドミニカ共和国、ブラジル、ポルトガル、スペイン、イギリス、ドイツ、オーストリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、イタリア、スイス、デンマーク(グリーンランド含む)、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシア、ウズベキスタン、キプロス、トルコ、カタール、ケニア、ウガンダ、オーストラリア、ニュージーランド、パキスタン、ネパール、インドネシア、ミャンマー、モンゴル、韓国、中国(香港含む)、台湾、日本)から284名の若者が参加しました。


●2013年プログラム

レポート WCI2013レポート.pdf

第1 セッション:
① 長崎県大村市(6月16 日~6月24 日、9日間)※オリエンテーション含む
② 福岡県大牟田市(6月24日~6月30日、7日間)

第2 セッション:
③ 熊本県荒尾市(7月2日~7月8日、7日間)※オリエンテーション含む

④ 熊本県熊本市(7月8日~7月12日、5日間)

⑤ 島根県益田市(7月12日~7月16日、5日間)

第3 セッション:
⑥ 大阪府吹田市(7月18日~7月26日、9日間)※オリエンテーション含む
⑦ 奈良県宇陀市(7月26日~8月1日、7日間)

第4 セッション:
⑧ 千葉県我孫子市(8月3日~8月11日、9日間)※オリエンテーション含む
⑨ 愛知県豊田市(8月11日~8月17日、7日間)

第5 セッション:
⑩ 茨城県取手市(8月19日~8月27日、9日間)※オリエンテーション含む
⑪ 東京都多摩市(8月27日~9月2日、7日間)


●2012年プログラム

レポート WCI2012レポート.pdf

第1 セッション:
① 長崎県大村市(6月6 日~6月14 日、9日間)※オリエンテーション含む
② 福岡県大牟田市(6月14日~6月20日、7日間)

第2 セッション:
③ 熊本県荒尾市(6月23日~6月29日、7日間)※オリエンテーション含む

④ 熊本県熊本市(6月29日~7月3日、5日間)

⑤ 島根県益田市(7月3日~7月7日、5日間)

第3 セッション:
⑥ 大阪府吹田市(7月10日~7月18日、9日間)※オリエンテーション含む
⑦ 奈良県宇陀市(7月18日~7月24日、7日間)

第4 セッション:
⑧ 東京都多摩市(7月27日~8月4日、9日間)※オリエンテーション含む
⑨ 茨城県取手市(8月4日~8月10日、7日間)

第5 セッション:
⑩ 千葉県我孫子市(8月17日~8月26日、10日間)※オリエンテーション含む
⑪ 愛知県豊田市(8月26日~8月31日、6日間)


●2011年プログラム

レポート WCI2011レポート.pdf

第1 セッション:
① 長崎県大村市(6月23 日~7月2 日、10日間)※オリエンテーション含む
② 福岡県大牟田市(7月2日~7月7日、6日間)
第2 セッション:
③ 熊本県荒尾市・熊本市(7月11日~7月19日、9日間)※オリエンテーション含む
④ 奈良県宇陀市(7月19日~7月25日、7日間)
第3 セッション:
⑤ 大阪府吹田市(7月29日~8月6日、9日間)※オリエンテーション含む
⑥ 愛知県豊田市(8月6日~8月12日、7日間)


●2010年プログラム

レポート WCI2010レポート.pdf

第1 セッション:

① 熊本県荒尾市・熊本市(6 月5 日~6 月16 日、12 日間)※オリエンテーション含む
② 広島県広島市(6 月16 日~6 月19 日、4 日間)
第2 セッション:
③ 長崎県大村市(6 月23 日~7 月1 日、9 日間)※オリエンテーション含む
④ 奈良県宇陀市(7 月1 日~7 月7 日、7 日間)
第3 セッション:
⑤ 長野県上田市(7 月11 日~7 月19 日、9 日間)※オリエンテーション含む
⑥ 茨城県取手市(7 月19 日~7 月25 日、7 日間)

第4 セッション:
⑦ 東京都多摩市(7 月29 日~8 月6 日、9 日間)※オリエンテーション含む
⑧ 愛知県豊田市(8 月6 日~8 月12 日、7 日間)
第5 セッション:
⑨ 茨城県水戸市(8 月16 日~8 月24 日、9 日間)※オリエンテーション含む
⑩ 千葉県我孫子市(8 月24 日~8 月30 日、7 日間)


●2009年プログラム

レポート 

WCI2009レポート.pdf

夏ツアー

第1 セッション:
① 長崎県大村市(7 月5 日~7 月13 日、9 日間)※オリエンテーション含む
② 東京都多摩市(7 月13 日~7 月21 日、9 日間)
第2 セッション:
③ 茨城県水戸市(7 月25 日~8 月4 日、11 日間)※オリエンテーション含む
④ 茨城県取手市(8 月4 日~8 月12 日、9 日間)
第3 セッション:
⑤ 熊本県荒尾市(8 月16 日~8 月25 日、10 日間)※オリエンテーション含む
⑥ 広島県広島市(8 月25 日~8 月31 日、7 日間)

春ツアー

第1 セッション:
① 大阪府吹田市(3 月9 日~3 月17 日、9 日間)※オリエンテーション含む
② 奈良県宇陀市(3 月17 日~3 月23 日、7 日間)
第2 セッション:
③ 千葉県我孫子市(3 月26 日~4 月4 日、10 日間)※オリエンテーション含む
④ 愛知県豊田市(4 月4 日~4 月9 日、6 日間)
第3 セッション:
⑤ 長崎県大村市(4 月12 日~4 月20 日、9 日間)※オリエンテーション含む
⑥ 熊本県熊本市(4 月20 日~4 月26 日、7 日間)


 

2008年夏ツアー

レポート 

2008年WCI夏ツアーレポート.pdf
① 長野県上田市(6 月23 日~7 月6 日、14 日間)※オリエンテーション含む
② 東京都多摩市(7 月7 日~7 月16 日、10 日間)
③ 茨城県取手市(7 月17 日~7 月27 日、11 日間)
④ 茨城県水戸市(7 月28 日~8 月2 日、6 日間)
⑤ 広島県広島市(8 月4 日~8 月10 日、7 日間)


●2008年春ツアー

レポート 

2008年WCI春ツアーレポート.pdf
① 長崎県大村市(2 月11 日~2 月25 日、15 日間)※オリエンテーション含む
② 熊本県熊本市(2 月25 日~3 月4 日、9 日間)
③ 熊本県荒尾市(3 月4 日~3 月14 日、11 日間)
④ 大阪府吹田市(3 月14 日~3 月23 日、10 日間)
⑤ 奈良県宇陀市(3 月23 日~4 月2 日、11 日間)
⑥ 千葉県我孫子市(4 月2 日~4 月14 日、13 日間)


●2007年ツアー
レポート  WCI2007レポート.pdf

①長野県上田市(7月20日~8月4日、15日間)※オリエンテーション含む
②広島県広島市(8月4日~8月12日、8日間
③長崎県大村市(8月12日~8月24日、12日間)
④熊本県熊本市(8月24日~9月1日、8日間)
⑤奈良県宇陀市(9月1日~9月8日、7日間)
⑥大阪府吹田市(9月8日~9月18日、10日間)
⑦愛知県豊田市(9月18日~9月24日、6日間)
⑧東京都多摩市(9月24日~10月1日、7日間)
⑨茨城県取手市(10月1日~10月8日、7日間)
⑩茨城県水戸市(10月8日~10月15日、7日間)


■協力地域の声
LOCが受け入れ活動を受身と捉えるのではなく、本部スタッフとともに自らプログラムを作り、また、訪問中の内部ミーティングにも進んで参加、説明するなど各人が主体的にかかわり、個人として成長できる機会となりつつある。いろいろな活動を通して、他団体との広がりもあり、少しずつではあるが、「まちづくり」に貢献できていると思う。

地域での関心が増え、今年もWCIが来るのですかと道行く人に尋ねられるようになった。今後、ホストファミリー以外の多くの地域の人を巻き込んだ活動を目指している。また、田舎の良さをホストファミリーに自覚してもらい、地域に誇りと自信を持ってもらうことを願っている。

一人ひとりが考え話し合い国際交流に努めること。それは大げさではなく、自然体で社会に関わり、自分自身を見つめ直し、少しずつより良い社会を作り出そうと一人ひとりが意識すること。その小さな積み重ねで世界が変わるかなという小さな希望。ワールドキャンパスが来ることがきっかけで生まれた希望です。

■ホストファミリーの声
娘と同世代の参加者を受け入れたことにより、若い人たちに耳を傾ける父親の姿を見られた。

専業主婦で狭い世界に閉じこもりがちなので、もっといろいろな人たちと出会える機会を見つけ、積極的に関わっていきたい。

自分たちも忘れているようなものを、外から見て改めて素晴らしいと感じさせられた。

最後の日に「来年も日本に、うちに来てね」と言ったのは本当に心から出た言葉でした。人と人が接するのは、心があればそんなに大変なことではないのですね。


■ツアー参加者の声
・外国人参加者
Sophia Pötter - Selm, Germany (Alumna Spring'08) World Campus - Japan provides you the unique opportunity to get to know Japan and it's culture in an in-depth way. What seems exotic and foreign in the beginning quickly turns into something familiar. And the curious nature and welcoming spirit of the host families is hard to beat.

Ivan Ditya - Bandung, Indonesia (Alumnus Summer'07) The program made me realize that I do have an ability to make positive changes and differences in the world. Another valuable part of the program was experiencing the real Japanese life style. The experiences with the host families were priceless.

・日本人参加者(早稲田大学4年生)
WCI に参加して、日本にいながら世界と直接触れ合え、世界中に友達ができました。言葉の違いだけでなく、食事や時間などの暮らしについて、すべてで違いがあることがわかりました。同時に外国人から見た日本と日本人を知り、自分が日本について全然知らないことに気づきました。日常生活の中での視野が広がり、自分の意見を持ち、表現することができるようになりました。すごく貴重な体験でした。参加して本当に良かったです。

policy

プライベートポリシー

Feeds

Return to page top